2010年10月08日

菜々ちゃんへ

金木犀の香りに誘われて、白や赤の萩の花が咲き始めましたね。


この間までは、さるすべりの花が幅をきかせていましたが、やっと秋の花が訪れて来てくれていますよ。


菜々ちゃん親子が家に来た日は、4月11日だと言うのに寒い日でみんな毛布にくるまれていましたね。


スタッフのWさんから、事前に「仔犬の預かりお願いしますね。」と言われてのはいたのですが、ゆず(旧姓:とも)ちゃんや権蔵くんの生後四ヶ月位の仔犬を想像していたものですから、びっくりです!!


これが、チワワの赤ちゃん?

目も開いてませんですと〜


あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


そんな訳で、チワワのママと生後10日余りの赤ちゃんとプリンちゃんと蓮花(旧姓:花見)ちゃんを車に乗せて譲渡会から帰って来ましたね。


仔チワワ.jpg

これでも生後19日(推定)。


手の平に乗るくらいちっちゃ〜い・・・・


菜々ちゃん、子育て頑張ったね。

子育て.JPG

なな2.JPG

0517.JPG

こそだて4.JPG

P11p00291.JPG


菜々ちゃんや仔チワワにみんなが会いに来てくれましたね。


権ちゃん家族も来たね。

権ちゃんは車酔いしやすいのに頑張ったね。


ナナママ一家も会いに来てくれました。

譲渡会を手伝ってくれるあんずちゃんのママとお嬢さんも、あの暑い夏に来てくれたね。


リリィー(旧姓:かりん)ちゃんは、仔チワワを見て引いていたね。

リリィーちゃん家は、お兄ちゃんもお姉ちゃんも来てくれたね。


一足早く、新しい家族になったのん(のり)ちゃん家族も来てくれたね。

この時は、お近所のライト(旧姓:ミッキー)くんのお姉ちゃんも一緒に来てくれましたね。


仔チワワが新しい家族に嫁・婿に行った後でも、チョコちゃん家族が菜々ちゃんに会いに来てくれましたね。


菜々ちゃんは、いっぱいチョコちゃんママに抱っこして貰いましたね。


菜々ちゃんは子育てが終わったら、すっかり甘えん坊さんになりましたものね。


そんな中、元の飼い主が菜々ちゃんの返還を言い出したけど、菜々ちゃんを返さない為に沢山の人が動いてくれていましたよ。

そんな頑張りがやっと通じて、元飼い主が「飼育放棄」し、トライアル先様には3ヶ月も待って頂いたね。


菜々ちゃんをお届けしたときは、本当にトライアル先様の嬉しさが満ち溢れていましたね。




そんな幸せいっぱいの中・・・

どうして、菜々ちゃんは死んでしまったのですか・・・

仔チワワのことが落ち着き、今度は菜々ちゃんが幸せになる番なのに・・・


トライアル先からの、突然の悲しく辛い連絡に言葉も出なかったよ。


菜々ちゃんが亡くなった夕方に、トライアル先のパパとママが家に菜々ちゃんを連れて来てくれましたよ。


トライアル先のママが、「菜々ちゃん、ごめんね。ごめんね。」って、ずっと泣いていたよ。


トライアル先のパパは、「菜々ちゃんと、いっぱい散歩したかったです。」と、言っていたよ。


誰も悪くないのに、どうしてこんなに悲しいことになってしまったのかな。


菜々ちゃんが、あまりに美人さんなので、天国の神様が見初めてしまい、天国に連れて行ったのかな。


美人さんは大変だぁ・・・




菜々ちゃん、個別葬と合同葬のどちらかを選べたので、合同葬にしたよ。


真心動物霊園だから、譲渡会でみんなに会えるものね。




P1100032-crop.JPG


10月10日、会いに行きますね。




四葉    四葉    四葉    

菜々ちゃんを応援して下さった皆様へ

菜々ちゃんは10月4日の明けがたに、息をひきとりました。

急なことなこともあり、原因は不明です。


菜々ちゃんは、静かに眠るようなお顔でした。


10月5日荼毘にふされました。



なかなか気持ちに整理がつかず、何を見ても涙がはらはらと落ちています。

文面ががたがたで、また遅くはなりましたが皆様になんとかご報告できました。


応援、ありがとうございました。




ニックネーム 50の手習いママ at 21:44| Comment(10) | TrackBack(0) | 菜々親子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
菜々ちゃんの訃報、知りました。
胸が熱くなります。
よくがんばりました。
最後の半年、幸せいっぱいの犬生でしたね。
産まれた子犬はみんな幸せに
巣立って行ったし…
愛情いっぱいのご家族と仲間たちの
中で、菜々お母さんは幸せだったと思います。
手習いママさん、ありがとうございます。
Posted by トトロ&KK at 2010年10月08日 22:56
手習いママさん。

なんと言葉をおかけして良いのやら。。。

会の活動ブログを読んで、本当に悲しくなりました。
バカな人間の犠牲になってさぞかし悔しかったでしょうね。

それでも仮ママさんのお宅で、たくさんの面白いわんちゃんたちに囲まれて、楽しかったと思います。

菜々ちゃん親子の記事を読むのが大好きでした。
最期まで温かな気持ちを残して逝ってしまった菜々ちゃん。
それをやさしく見守って下さった手習いママさま。

ありがとうございました。
そして菜々ちゃん、安らかにお休み下さいね。
Posted by しゃんちろりん at 2010年10月08日 23:10
つらいです、こういう報告は。
我が家のチャコは1年3カ月の闘病生活の後、寝たきりにもならず最後の朝まで自分の足で動き、お水も飲むことができました。
いつ逝ってもおかしくない状況でこれだけ頑張ったけど、逝ってしまった日は茫然でした。
ですから予想もできない事態で逝ってしまった悲しさは計り知れないものがあると思います。
自分の手元でならまだあきらめもついたかと思いますが、出先での不幸はつらいです。 でも手習いママさんのおかげで心置きなく子育てができ、お嫁・お婿でも出せたので、きっと奈々ちゃんは思い残すことなく安らかに逝けたと信じてます。
つらいときに報告をありがとうございました。
気落ちせず、まだ残された恵まれない子たちのために前向きでいてください。
明日、天気が回復するといいですね。
Posted by モコママ at 2010年10月09日 15:00
菜々ちゃん
短い生涯だったけど、最後の半年間は親子水入らずで
手習いママさんはじめ温かい人達に囲まれて過ごせてよかったね。
レスキューされるまでの生活で心労が相当溜まっていたのかもしれない。。。

いつも優しい笑顔で仔犬を守ってきた菜々ママは世界一の母親。
穏やかな笑顔で私達までも癒してくれてありがとう!
これからは虹の橋から団子兄弟や手習いママ家に仮住まいするワンコ達を見守って下さい。

日本でも、、、欧米並みの動物愛護法が確立されますように
そして、それが各家庭に浸透する日が来ますように。。。。
Posted by ナナママ at 2010年10月09日 22:30
菜々ちゃんの訃報は成犬譲渡の会のブログで知りました。無事出産ができて子犬たちもそれぞれの家庭にもらわれていって安心したのかな。。最後は大切にされて幸せだったと思います。ご冥福をお祈りします。
犬や猫にはそれぞれの事情があって、元飼い主から愛護センター、そして保護団体から預かりさん、里親さんまでたどり着くのは大変なことなんだと改めて考えさせられました。
明日は小雨になればいいですね。
Posted by セバママ at 2010年10月09日 23:15
mail to トトロ&KKさんへ
仔チワワズは、素敵なご家族に最初から巡り合うことが出来ましたるんるん

このご家族は菜々ママの分も合わせて、仔チワワズを一生懸命に育てて下さっています。

そして、菜々ちゃんに関係しているすべてのことに感謝したいですぴかぴか(新しい)

Posted by 50の手習いママ at 2010年10月10日 22:49
mail to しゃんちろりんさんへ
世話も出来ないまま、尋常ではない頭数まで増やした飼い主(「飼い主」と呼ぶに値するとは思えませんが・・・)

その多頭飼い崩壊現場からきたチョコちゃん、蓮花ちゃん、菜々ちゃんの食事の仕方を見るだけでも悲しい風景でした。

あんなにも周りをうかがいながら食べなければ様子。

レスキューされて本当によかったです。

少しの間でしたが、菜々ちゃんは「普通のワンコ」として暮らす事が出来てよかったです。

でも、もう少し天国からのお迎えを遅くしてあげたかったです。

Posted by 50の手習いママ at 2010年10月10日 23:30
mail to モコママさんへ
逝くものを見届けることはどの状況でも辛いですね。

仔チワワズでの楽しい思い出を私に作ってくれた菜々ちゃんに感謝しています。

そして、子育てが終わり、母の役目をおえた菜々ちゃんは「甘えんぼうさん」に早変わりして可愛かったです揺れるハート

本当に「ありがとう」の言葉でいっぱいです。

Posted by 50の手習いママ at 2010年10月11日 00:12
mail to ナナママさんへ
会の計らいで、仔チワワと4ヶ月も一緒にいることが出来ました。

本当に良かったと思います。

菜々ちゃんのお顔はやさしいお顔でしたね。

日本って、不思議な国ですよね。
根幹がなってなくて・・・

「命」がおろそかになっている現状。

もう少し、なんとかなって欲しいものです。


Posted by 50の手習いママ at 2010年10月11日 00:36
mail to セバママさんへ
素敵な家族が菜々ちゃんを待ってていただいただけに、残念でなりません。

菜々ちゃんは、いままでの酷い環境にいたぶん、からだはボロボロだっただんと思います。

本当に辛いことですね。
Posted by 50の手習いママ at 2010年10月11日 00:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2395519
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック